もう1段上の身体に!理想のボディメイクを目指すためのプロテインの使い方

PR:株式会社アルプロン


ボディメイクを日常的に行っている方なら、きっと経験があるはずです。


ある一定のところからなかなか筋肉がつかない。「限界なのか?」と思うタイミングが・・・。


いつも以上に限界までトレーニングをして、筋肉をイジメ倒し、プロテインで必要なたんぱく質を摂取しても前日と変わらず?いや、むしろ筋肉が減ったようにすら思える。


alpron_004

実はそれ、プロテインの選び方や、摂取方法に問題があるかもしれません。


おそらく日常的にトレーニングを積んでいる人なら、プロテインの選び方、摂取方法は最も気になる要素ではないでしょうか?


本記事では、そのような方のために、プロテインの選び方、そして摂取方法などをお伝えしていきたいと思います!


まずは、プロテインの種類を学ぼう!


プロテインには、大きく分けて3つの種類が存在します。


「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」「ソイプロテイン」です。


alpron_005

名前は聞いたことがあるけど、何が違うの?という方も結構多いようです。


しかし、同じプロテインでも効果は全くことなり、使い方を間違えれば筋肉の増量は叶いません。


既にご存知だと思いますが、どれだけトレーニングをしても適切なタイミングで必要量のたんぱく質を摂取していなければ筋肉は増えません。それどころか必要なたんぱく質がない場合、身体がすでにある筋肉からたんぱく質を補おうとして、筋肉が減少する原因にもなります。


つまり、プロテインの種類とその効果、プロテインを飲む適切なタイミング、そして、どれだけ飲めばいいのか?を理解していなければ、むやみにトレーニングを行っても筋肉は増えないどころか、減ってしまうのです。


ホエイとカゼインの併用


では、どのタイミングで、どんなプロテインを、どれだけの量飲めばいいのでしょうか?


それをこれからご説明していきます。


結論から言うと、日常的にトレーニングを行い、筋肉量を増やしたいと考えている人であれば、「ホエイ」「カゼイン」の併用をおすすめします。


ちなみに、勘違いされている方が多いようですが、プロテインはトレーニング後だけ飲んでいれば良いという訳ではありません!


alpron_006

一般的には、トレーニング、たんぱく質を補給、十分な休息の3つで筋肉は増加していきますが、たんぱく質というのは筋肉が増えれば増えるほど、日常的に摂取しなければいけない量も増えていきます。つまり、筋肉が増加した後と前で同じような食生活をしていれば、ある一定の筋肉量から増えず、むしろ減少します。


これが、冒頭で紹介したような事例ですね


そのため、日常的に摂取するたんぱく質の量を増やしていかなければならないのです。


トレーニングの後は30分以内にホエイ


まず、「ホエイプロテイン」の特徴からご説明します。


「ホエイプロテイン」は牛乳のたんぱく質からできているプロテインです。ホエイは乳清ともいい、ヨーグルトの上澄みにできる液体などはまさにこれを指します。牛乳の中でも特に純度の高いたんぱく質で、ミネラルや水溶性ビタミンなどの栄養素も含まれているのも特徴です。


ちなみに、市場に出回っているほとんどのプロテインが、このホエイプロテインです。実に80%以上のプロテインがこれにあたると言われています。


alpron_007

ホエイプロテインは、人間が構成しているたんぱく質に最も近いと言われ、体内への吸収速度が速いことが特徴です。トレーニング後は速やかなたんぱく質補給が求められるため、トレーニング後のたんぱく質補給や栄養補給には、このホエイプロテインがとても優れています。


そのため、トレーニング直後に飲むプロテインには、ホエイプロテインをおすすめしているのです。


ちなみに、トレーニング後はできるだけ早くプロテインを飲むことが重要です。可能な限り、30分以内に飲むことを心がけましょう。


就寝前にはカゼイン


次に「カゼインプロテイン」について、ご説明します。


カゼインプロテインは、ホエイプロテインと同じく牛乳を主成分とするプロテインです。ホエイとの大きな違いは、吸収の速さです。ホエイプロテインは、吸収が早いことが特徴でしたが、カゼインプロテインは、吸収速度がゆっくりであることが特徴です。


そして、この吸収速度がゆっくりであることが、使い方によってはメリットになり得るのです。


どういうことかというと、就寝中の話になります。


就寝前にホエイプロテインを飲んだとします。ホエイプロテインは吸収速度が速いため、すぐに消化されてしまいます。この場合、就寝中に体内のエネルギーが枯渇し、枯渇したエネルギーを補うために筋肉から糖分を合成しようとするのです。その結果、筋肉量が減るという現象が起きます。


しかし、就寝前にカゼインプロテインを飲むことで、これを回避することが可能です。カゼインプロテインは、吸収速度がゆっくりなため、就寝中常にたんぱく質を補給することが可能なのです。


また、トレーニングをしない日、つまり、休息日などにもカゼインプロテインを飲むことも効果的です。


筋肉を増やすためのプロテインの選び方


上記の説明から、日常的にトレーニングを行う場合、ホエイプロテインとカゼインプロテインの併用が効果的だということはご理解頂けたかと思います。


とはいえ、市場にはたくさんのメーカーからプロテインが販売されていて、ホエイプロテインといっても膨大な種類あります。その中からどんなプロテインを選べば筋肉を増やすことができるのか。を解説していきたいと思います。


基本的にプロテインを選ぶうえで重要なのは、たんぱく質の含有量と使い勝手、そして価格です。


ひとつずつ解説していきます。まず「たんぱく質の含有量」ですが、実はプロテインはメーカーによって含まれるたんぱく質の含有量が異なります。


当然、含有量が多ければ多いほど良質なプロテインです。


次に「使い勝手」ですが、プロテインは水に溶かして飲みますが、「溶かすために必要な水の量」「溶けやすさ」「ダマになりやすくないか」などが結構大切です。


使い勝手が悪いと飲むの面倒になり、だんだん「プロテインを飲む」という行為がネガティブなイメージになってしまいます。なので、できるだけ少ない水の量で、すぐ溶けて、ダマになりにくいものを選ぶ必要があるんです。これ、結構重要です!


最後に、「価格」です。


プロテインは毎日飲みますし、消費量も結構多いです。


上2つで上げた、たんぱく質の含有量が高く、使い勝手のいいものほど価格が高くなりがちです。しかし、プロテインのせいで生活を圧迫してしまっては元も子もありません・・・。


そのためできるだけ安く「たんぱく質の含有量が高く、使い勝手のいいプロテイン」を探す必要があるのです。


もし自分でプロテインを探して選ぶつもりなのであれば、この3つの点を念頭に探してくださいね。


ですが、中には「探すの面倒くさい!」「おすすめを教えてよ!」という方もいると思います。


そこでこの記事では、私が実際に使っているおすすめのプロテインもご紹介したいと思います。


私が実際に使っていておすすめのプロテインは『アルプロン - WPCホエイプロテイン』です。


alpron_002


アルプロンのホエイプロテインの特徴は、なんといってもコスパの良さです。


アルプロンは、プロのアスリートにターゲットを合わせて製品を開発しているため、たんぱく質の含有量が高い!です。通常70%前後のたんぱく質の含有量が、アルプロンならなんと78%


さらに、使い勝手にもこだわって製品開発をしているようで、たった80CC程度の水だけで、溶かして飲むことができるんです。私が使用している限りではダマになって残るということも非常に少ないです。


私としては、少ない量で十分なたんぱく質を補給できるので、ハードなトレーニングの後でもサクッと飲めるのが嬉しかったですね。
※ハードトレーニングの後だとこってりしたプロテインを大量に飲むのが辛いときもありまして・・・。


また、たくさんのフレーバーがあるので味を好みによって変えることができます。


alpron_001


ちなみに、私個人的には、バナナが好きでした。


ただ、どうしてもワンフレーバーだと飽きるので、チョコ、プレーン、バナナなど複数用意しておいて、その日の気分によって味を変えています。そうすると飽きもなく、飲み続けられるんです。


たんぱく質の含有量が高く、飲みやすさもバッチリなアルプロンのホエイプロテイン。この品質の高さで、プレーン味が2,600円で、他の味も2,896円で購入することができます。
はっきり言って驚きの価格です。
さらに、何とという太っ腹な価格となっています!


購入されたい方は、下のボタンから公式サイトに飛べます。


alpron_btn


アルプロンはなぜ、こんなに安いのか

この品質で2,600円という価格は、本当に驚異的な価格だと思います。低価格であればやっぱり品質は落ちるはずだし、品質を上げれば価格が・・・。


なぜ、アルプロンはこの高品質を保ちつつ、低価格を実現できているのか。気になったのでちょっと調べてみました。


アルプロンのコストダウンの秘密は、商品以外の部分で徹底的にコストダウンしていることにありました。


alpron_003


通常、商品が私たち消費者の手元に届くまでには、様々な業者を介します。メーカーであるアルプロンのほかに卸売り業者、スポーツ用品店などが仲介することで価格が跳ね上がります。


また、商品の開発は、メーカーが行いますが、製造は中小の工場が請け負うことが多いです。それらの工場に対してもコストが発生します。


アルプロンの場合、それらを全て自社で行っているのです。島根県に自社工場を建て、商品を製造し、自社が構築した販売ルートでもって商品を販売しています。そのため本来かかる仲介手数料がかからず、安く商品を購入することができるのです。


さいごに


私自身も、ボディメイクを行っている経験者として、個人的な意見をかきます。


ボディメイクを行っている人にとって、トレーニングとプロテインは2つでセット。欠かせないものです。


だからこそ、プロテインの品質をおろそかにするべきではないと私は思います。せっかくハードなトレーニングをしても台無しになってしまうこともあるからです。


かといって出せる価格には限界があります・・・。


高品質 or 価格の葛藤に悩まされていたときに、私が出会ったのがアルプロンのプロテインでした。


低価格で高品質なアルプロンのプロテインに出会ってからは、ずっと愛用していますが、今でも大満足です。


もし、今低価格を選んで、品質の低いプロテインを使っている人や、高価格でも無理して高品質なプロテインを飲んでいる人がいたら、ぜひ試して貰いたいと私は思います。


alpron_btn
ページトップに戻る