HOME

これぞスポーツマンシップ!試合中に敵同士の選手が握手を交わす、その理由とは

2015/11/27 | 14,203 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

2013年に行われたサッカーの試合で、心が清々しくなるフェアプレーを見せてくれた選手たちがいます。
 
敵味方関係なくお互いを尊重しあう姿勢に、多くの観客が感動しました。
 

感動のフェアプレー、気になるその内容とは?

 

感動のフェアプレーが生まれたのは、2013年11月7日に行われたサウジアラビア1部リーグのアル・ナーダVSアル・テハイドの試合だ。
後半14分にアル・ナーダのGKがボールを蹴り出そうとした時だった。
 
GKの靴ひもがほどけていることに気づいた相手選手が駆け寄ると、なんと靴ひもを結んであげているのだ。
GKはグローブをつけているため、自分で結ぶには手間がかかるという配慮だろう。
その敵味方関係ない優しさに場内は拍手に包まれたのだが……

出典YouTube

 
▼相手チームのGKの靴紐を結んであげる選手
100802_1

出典YouTube

 
▼この時点で観客はかなり感動しています
100802_2

出典YouTube

 
GKは手袋をしているから靴ひもを結びづらいだろうという配慮、敵チームだというのに素晴らしい心遣いですよね。
ですが……
 

しかし!ここで予想もしない展開に!!

 
 
彼らに何が起こったのか!?続きは次のページでご覧になれます★

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る