「たった5分でも良いから毎日子供の話を聞いてあげて。」そう発言した保育士の理由に学ばされる。

2015/12/4 | 11,922 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

保育士が保護者会で話した内容について、保護者から少し厳し目な返答がありました。
その後に続いて別の保護者が話した内容に、いろいろな意味で考えさせられたエピソードをご紹介します。
 
 

保護者会での一コマ

 
ある保育士が体験した保護者会でのできごとです。
 

 

 
この一連の投稿を見て、お母さん方はどう思われたでしょうか。
 
 

子どもの話を聞いてあげること

 
小学生に限らず、お子さんは外であった出来事を何も聞かなくても話してくれますか?
 
幼稚園や保育園でも、園内であったことを毎日話してくれる子もいれば、聞けば話すけれど自分からはほとんど話さないという子もいます。
 
それぞれの子の性格によるものもあるかもしれませんが、もしかしたら普段から親が話を聞いてあげる習慣がないことが原因かもしれませんね。
 
忙しさにかまけて子どもとの時間をおざなりにしていないか、振り返ってみる必要がありそうです。
 

102461_3-1

出典 flickr

 
また、今回の厳しめな返答をしたお母さんは「毎日なんて聞いてられない」とのことでしたが、その回答にちょっとびっくりだった筆者(育児中)。
 
働くお母さんは日々多忙だとは思いますが、一日24時間の中で、子供の話を聞く5分間を捻出することは、そこまで難しいことでもなさそうな気がしてしまうのです。
 
1時間、2時間となると難しいかもしれませんが、5分なら可能な範囲なのではないでしょうか。
 
朝食か夕食時の中で5分間、一緒にお風呂に入っている時間のうち5分間、食材の買い出しに一緒に行く間の5分間など、ながら時間を活用してもよいと思います。
その中で、じっくり子供の話を聞いてあげるだけでも十分なのでは。
 
 

その他、今回のエピソードで考えさせられたこととは?
続きはこちらからご覧ください!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

253219

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る