HOME

みなしごだったカワウソの家族は人間と猛獣!種族の垣根を軽々と越えるカワウソに脱帽・・・

2015/12/9 | 12,905 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

南アフリカにある自然動物公園『Loebies Guest Farm and Predator Park』には、飼育委員さんと一緒に猛獣の檻を回るカワウソが居ます。
このカワウソは赤ちゃんの頃親に置き去りにされてしまい、人間に保護されこの施設で生活しているそうです。

 

カワウソは『モーセ』と名付けられました。
赤ちゃんの頃は人の手で3時間おきにミルクを与えられ、今やこの大きさに・・・
103806_5

 
 

立派な大きさにはなりましたが、母代わりのアンネルさんに対してはまだまだ甘えん坊のようです。
ゆくゆくはモーセを自然に帰す事を考えているアンネルさんは、泳げないモーセに泳ぎの練習もさせました。
 

ですが一方モーセの方は自分をカワウソだと思っていない様子。
動物の世話をするアンネルさんの後を付いて回っていた所為か、猛獣に対してフレンドリーに接するようになってしまったのです。

 
 

103806_3

 
 

103806_4

 
 

とても珍しくて奇妙な光景ですね・・・!

 

次ページには親友の猛獣とのツーショットが。

次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る