HOME

【要注意!】警察庁がコンピューターウイルスへの警告を発信、怪しいメールに気をつけて

2015/12/11 | 11,217 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

拡散し始めている『vvvウイルス』に対し、警察庁がTwitterで警告しています。
 

『vvvウイルス』とは?

パソコンの中身を暗号化してしまい、まったく動かなくしてしまうなどかなりの猛威をふるうといわれているvvvウイルスですが、その正体は一体どんなものなのでしょうか。
 

vvvウイルスの正体は「TeslaCrypt(別名:CrypTesla)」と呼ばれる既存のウイルスの亜種。
 
PCに入っているAdobe Flash Playerのようなアプリケーションが古い場合、その脆弱性(ぜいじゃくせい)を突いて入り込み、普段使っている画像や文章などを.vvvという拡張子を付けて変換し、もとに戻してほしければ身代金を払えと要求する「ランサムウェア」だ。
 
Webサイトの悪質な広告を見て感染するといった経路のほか、添付ファイル付きのスパムメールから不正なWebサイトへ誘導するという手口もある。

出典 livedoorNEWS

 
Flash Playerなどのアプリケーションは、自動更新に設定しておいたほうがよさそうですね。
 
 

警察庁の警告

警察庁では、怪しいメールは開かないようにとの警告を発しています。
 

 
 

vvvウイルスに感染しないようにするポイント

vvvウイルスに感染しないために、少なくとも以下の3つのポイントは必ずクリアしておきましょう。
 

・心当たりのないメールの添付ファイルは絶対に開かない(基本)
・FlashPlayerを最新版にアップデートしておく
・セキュリティソフトの導入、最新版へアップデート

 
日本での被害はまだ少ないようですが、海外では大手企業のサイトなどでも感染被害が発覚するなど比較的大きい被害を受けているところもあるようです。
 
パソコンビギナーの方は、セキュリティ対策をしっかりと取るなどの対策を早めにされておくことをおすすめします。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る