【見逃すな】2015年のふたご座流星群はイチオシ!12/14は夜空を見上げてみよう

2015/12/14 | 4,225 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

日本の空で毎年数回見ることができる『流星群』。
流星群は、夜空で流れ星がたくさん見れる時を指し、しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群、ふたご座流星群が3大流星群といわれています。
 

104421_1

出典 flickr

 
2015年の12月中旬、日本の空でふたご座流星群を見られます★
 
 

ふたご座流星群って?

ふたご座流星群(ふたござりゅうせいぐん、学名 Geminids)はふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群である。
 
ふたご座α流星群(ふたござアルファりゅうせいぐん)とも呼ばれる。12月5日頃から12月20日頃にかけて出現し、12月14日前後に極大を迎える。

出典 Wikipedia

 
ふたご座流星群は、晴れた夜空であれば誰でも見やすいのが特徴。
冬の夜空は特に空気が澄んで空がきれいなので、流星群観察に適しています(^^)
 
一時間に50個もの流星の発光を見られることもあるそうですので、これまで流星群を見たことがないという方には大きなチャンスですよ!
 
 

ふたご座流星群を見るベストタイミングは?

 
2015年は、12月14日の日没から翌15日の夜明けまでが一番の見ごろなタイミングだといわれています。
 
ピークは15日の午前3時頃とのことなので、頑張って夜更かしして夜空を見上げようじゃありませんか!

104421_2

出典 flickr

 
 

ふたご座流星群を見る際抑えておきたいポイントは?

 
より多く流星をを見られる方向が気になる、という方もいらっしゃるかもしれません。
方向については、基本的にどの方向でも大丈夫だそうです。
 
ただタイミングによって、星がたくさん流れる方向とそうでない方向がある可能性も考えられますので、あまり見れないなと思ったら適度にいろいろな方向を見上げてみるとよいでしょう。
 
月明かりで流星の発光が見えにくくなるかもしれないので、月明かりを避けて空を見上げるのもポイントです。
 

104421_3

出典 flickr

 
また月明かりも同様ですが、やはり繁華街などの夜でも明るい街中では流星の発光を見にくいため、電気の光がないところで見るのがベスト。
できれば山や丘の上などが理想です。
 
 

気になる本日のお天気は!?

 

 

今日の夜は、全国的に晴れ間も見えるようですが、雲が多く広がり所々で雨も降る予報がでています。
北海道と東北は晴れるので、流星群はばっちり見えそうです!
全国で見れるように、お日様には頑張って頂きたいものです!
 
今日の夜はみんなで流れ星を探してみましょうね☆彡

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post96994_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

black_top_last-616x9221

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る