HOME

ネバネバで手を汚すことはもうありません!納豆とタレの間のフィルムを上手に外す方法とは

2015/12/18 | 17,599 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

「毎日食べる!」ぐらい大好きになってしまう人、あのネバネバした感じと臭みが許せないという人、好きと嫌いがはっきり別れるイメージのある納豆。(ちなみに私は大好きです。)
 
納豆を食べる時によく起こるのが、フィルムを外す時に豆がくっついたり、フィルムをゴミ箱に捨てるときには手がベトベトになったりします。
 
汚れる原因はいつもあのフィルム。。。
 
そんなフィルムの上手なはずし方が、今ネット上で話題になっています。
 
あのフィルムのはずし方をご紹介する前に、そもそも何のためにフィルムが入っているのかをお伝えしておきましょう。
 
 
納豆の菌は生きているために、完全に密封してしまうと発酵が進みません
 
しかし、空気に触れすぎるとどんどん乾燥してしまいます。(デリケートなんです。。)
 
フィルムの役割は、ずばり乾燥を防ぐためなのです。
 
ちなみにフィルムが元々無いものは、パッケージのフタの中心をへこませて、乾燥を防いでいるのです。
 
フィルムについての勉強(?)を終えたところで、本題のはずし方を見ていきましょう!!
 

上手なフィルムの外し方はこちら
↓ ↓ ↓
次のページへ!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る