自爆テロで孤児となり、心身共に深く傷ついた子供 憧れのロナウド選手との対面映像に思わず涙

2015/12/25 | 7,802 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

2015年11月、レバノンの首都ベイルートで大規模な自爆テロが発生し、200名以上の犠牲者を出しことは記憶に新しいのではないでしょうか。
 

自爆テロで両親を失ってしまった3歳の男の子

その時の自爆テロで、3歳になるハイダル君は両親とも失ってしまいました。
 
▼幸せだった頃のハイダル君とご両親

 
▼助かったとはいえ、ハイダル君も大怪我を負いました

 
 

ハイダル君に目を留めた1人のジャーナリスト

身内が誰もいなくなってしまったハイダル君に、一人のレバノン人ジャーナリストが目を留めました。
彼女の名はラナ・ハルビさん。
 
ハルビさんは、なんとかハイダル君に元気になってほしいと思っていたところ、ハイダル君はレアル・マドリード所属のクリスティアーノ・ロナウド選手が大好きだということを知ります。
 

 
 

ハイダル君のために世界中が動いた

ハルビさんは、SNSを通じてハイダル君をクリスティアーノ・ロナウド選手に会わせてあげたいと訴えかけました
 
すると、ハルビさんの思いは瞬く間に世界中に拡散され、とうとうクリスティアーノ・ロナウド選手のもとに届いたのです。
 
▼時間の許す限り、ハイダル君を見守り続けたハルビさん

 
 

ハイダル君はクリスティアーノ・ロナウド選手との対面を果たすことができるのか!?
気になる続きは次のページでご覧いただけます!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
23926_3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る