4歳の愛娘を残し、36歳の若さでこの世を去った母親が『娘のためにしたこと』とは?

2017/1/11 | 47,230 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

子を持つ親として、わが子に何をしてあげられるのか?
もしも、親として子の傍にいてあげることができる時間が、あまりにも短くなってしまったとしたら、
あなたは何を子のために残すことができますか???
 
アメリカ ウィスコンシン州に住む、ヘザー・マクマナミーさんは、先日36歳の若さでこの世を去りました。
mama1

出典 Daily Mail

 
2年前に乳がんが発見され、瞬く間に全身に転移し、末期がん患者となってしまいました。
へザーさんには4歳になる娘のブリアナちゃんがいます。
 
幼いわが子と一緒に暮らせる時間が、こんなに短くなってしまうだなんて、へザーさん自身も考えても見なかったことでしょう。
 
これからどんどん大きく育っていく娘の様子を見守っていけなくなることの苦しみと悔しさは計り知れないものです。
 
mama2

出典 Daily Mail

 
「残していく娘に、なにか私に出来ることはないだろうか??」
 
ヘザーさんは、いつまでもブリアナちゃんが母の愛を感じられるように、あるモノを残すことを決めました。
 
病身のヘザーさんが、娘のために用意したモノとは、一体どんなモノでしょうか??
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
画像1

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

256324_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る