「沖縄の荒れるイメージを払拭したい」と、成人式の日に国際通りを練り歩く新成人の集団の活動に感動。

2016/1/12 | 7,161 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

1月11日(月)に全国で行われた成人式。
新成人の門出を祝うべきおめでたいニュースなのですが、毎年テレビなどで取り上げられるのは、式中や式後の新成人の暴動や騒ぎのシーン。
 
新成人は年々減少気味との報道もありますが、百何十万人も若者がいるのですから、あんなに態度の悪い人たちばかりではありません。
 
それなのに大袈裟に悪い面ばかりを取り上げて、嫌だな、なんてぼそっと感じてしまったりします・・・。
 
そんな中、沖縄県では、ある素晴らしい活動が行われていたそうなのです。

 
 

「何とかしてイメージを変えたい」

 

リーゼントや刈り上げた髪型に真っピンク色の袴姿の若者の集団が、沖縄県は那覇市の観光名所「国際通り」を練り歩きました。
 
それは、ゴミ拾いをするため。

 
 

 
 

 
 

毎年のように荒れる、暴動する、と言われる成人式のイメージを払拭させたいと、石嶺中学校出身の新成人16人が10日、約1.6キロの沿道のごみを拾って歩いたのだそうです。
 
この新成人の集団に対して、沿道で見ていた一般の方々からは拍手が送られ、警戒中の警察官から敬礼される一幕もあったのだとか。
 
この活動の発起人となったのは、県外の大学に住む男性。
「沖縄の成人式は恥ずかしくてダサイ」という大学の友人からの言葉にショックを受け、「何とかしてイメージを変えたい」との思いが強くなったのだそう。
 
確かに、前述にある通り、「成人式」=「荒れる」ですし、さらにそれがメディアにも取り上げられやすいのが特に沖縄県ですよね。

 
 

こういった活動に、報道はフォーカスするべき

 

 
 

こういった活動がどんどんと広がればいいと願うのはまさにその通り。
沖縄県だけでなく全国的に広まり、いつか全国的に広まると良いですね。

 
 

成人式にまつわる記事では、こちらの記事もございます。
併せてご覧ください。

「ご両親に感謝の気持ちを伝えて下さい」成人式に出席出来なかった女の子からメッセージが泣ける。
この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
23926_3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る