【70年以上続いた座高測定が廃止!】その理由が衝撃的すぎる…

2016/1/13 | 49,872 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

1937年から昨年の2015年まで、78年の長きに渡り測定され続けてきた「座高」。
一年に一度必ず来るこの日、このたった一つの測定のために深いトラウマを負った方々も少なくないでしょう。
 
この日は誰の背が高いかは二の次で、“誰の座高が一番高いか?”が話題の中心となっていたほど。そんな極苦い想い出しかないこの座高測定器。なぜ今さら廃止になったのでしょうか?
 
これだけ人を長年苦しめ続けてきた座高測定の廃止です。
 
よほどの理由があるのでしょう。

 
 
 

座高測定が中止された理由とは…

 
 

“意味がないと分かったから”
 
 
復唱いたします。
 
 
“意味がないと分かったから”
 
 
・・・・・・
 
 
長年に渡り日本人をトラウマのドン底に叩き落したこの座高測定を廃止した理由が
 
“意味がないと分かったから”
 
衝撃です。
 
寝耳に熱湯でもかけられたかのようなこの理由。78年かけて我々は一体何をされ続けてきたのでしょうか??w

 
 

この事実にTwitterでは様々な反応が…

 
 

 

 

 

 
 

このまま行くと数年後には「座高」という言葉自体が消えてなくなるのではないでしょうか?
それはそれで寂しいような気がします。
 
各世代の青春時代に確実な存在感を放ち続けた座高測定器。
測定器がなくなっても、ほろ苦い青春の想い出は私たちの心にいつまでも残り続けることでしょう。
 
文部科学省の学校保健安全法施行規則が改正され、昔なつかしい『ぎょう虫検査』も廃止になるそうで、新しく運動不足などを調べる新たな検査を導入するそうです。

 
 
 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

253795_ic (2)

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る