HOME

【35万人が泣いた感動の実話】少年の心を変えた先生の物語に涙せずにはいられない

2016/1/22 | 22,253 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

タカトシの涙が止まらナイトで放送された感動の実話があります。

 
実話(ノンフィクション)というワードに弱い私。見ずにはいられませんでした。
35万人が涙した実話を見て、私も涙が溢れて画面が見えない程泣いてしまいました。

 
 

先生と一人の少年

 
5年生の担任になった時、クラスの中に1人だけ好きになれない生徒がいました。
遅刻をしたり、声をかけても返事もしない。そんな少年をいつからか毛嫌いするようになってしまったのです。
110748_2

 
 
しかし、あることをきっかけにその思いは変わっていきました。

 
それは、少年が1年生からの中間記録を見た時のこと。

 
家族が大好きで、家では率先して家事を手伝い、友達にも優しく元気だった時があったと知ることに。

 
今の少年とはまるで別人のような記録でした。
110748_3

 
 
そして読み進めていくうちに、少年の身に起きた出来事を知るのでした・・・。

 
2年生の頃から、母親の体調が悪くなり看病のため遅刻をしたり、看病に疲れ授業中に居眠りをするようになった。

 
3年生の時、母親が亡くなる。

 
そして4年生の頃から父親がアルコール依存症に陥り暴力をふるうように・・・。

 
先生は、心の闇を抱えていた少年の辛さに気付いてあげられず、ダメだと決めつけ毛嫌いしていた事を後悔しました。
110748_4

 
 
それから、授業が終わった後、夕方まで一緒に予習復習をする毎日が始まりました。

 
明るい先生の対応が、少年の心までも明るくしていったのです。

 
遅れ気味だった勉強も、次第に追いつくようになり、授業中に発言できるまでになったのです。
110748_5

 
少年が進級すると担任が変わり、少年との接点がなくなってしまいます。

 
しかし、その後、少年から幾度と手紙が届くようになったのです。

 
 

次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る