HOME

【東日本大震災で10万人の支援隊を指揮】前陸幕長・君塚栄治さんへ追悼の意を表して。

2016/1/20 | 8,024 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

忘れもしない2011年3月11日に発生した東日本大震災。
5年の月日が経とうとしている今も記憶に新しいのではないかと思います。
 
その東日本大震災後に、被災地の支援・救済に勤めた自衛隊10万人の指揮を行った、前陸幕長・君塚栄治さんが昨年末の12月28日に亡くなられました。

 

 

 
 

東日本大震災で陸海空すべての自衛隊を指揮

 

君塚氏は東日本大震災発生後、被災地の救助・支援に駆けつけた陸海空3自衛隊部隊を一元的に指揮され、その功績は大きく評価されました。
 
被災地支援では、2万人の米軍兵が『トモダチ作戦』として救助にあたり、米軍との業務調整においても君塚氏が舵を取られていたそうです。
 
112491_1

出典 YouTube

 
 

自分よりも自衛隊員を評価

 

君塚氏は、東日本大震災での指揮能力を評価され第33代陸上幕僚長に就任しましたが、自分の功績を語ることはなく、現地で自分の命をかけて支援・救済にあたった自衛隊員への感謝の言葉を語っていました。

 
 

▼参考映像

出典 Youtube

 
当時の自衛隊は、被災者の炊き出しが余っても自分たちは一切口にせず缶詰の食事を摂り、風呂が沸かされても一切入らずひたすら救助と支援にあたっていたのだそうです。
 
極寒の被災地で、防寒着も着用せず波に揉まれながら被災者の救助にあたっていた自衛隊員は、多くの国民から感謝されました。

 
 
ネット上でも君塚氏の死去について多くの悲しみの声が上がっています。
続きはこちらからご覧ください。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る