HOME

【経営状況をSNSで正直に告白!】融資を断られた納豆工場の起死回生劇に注目が高まる!

2016/1/22 | 5,349 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

北海道室蘭市にある納豆工場「内藤食品」。
銀行に融資を取りやめられるという企業にとって絶体絶命の状況の中で厳しい経営状況を告白したツイートが話題になっています。
 
内藤食品は1966年に創立して以来「おらが街」を筆頭にこだわり抜いた納豆を作り続けています。
北海道産の大豆を使用した納豆で「全国納豆鑑評会」で何度も賞を受賞するなど、地元民を中心に愛されている納豆工場です。

 
 

内藤食品の納豆!

 

▼種類も豊富!

 
 

▼パッケージがなんとも可愛らしい!

 
 

▼内藤食品は家族で営まれています。

 
 

しかし美味しい納豆づくりにこだわる反面、赤字続きの経営状態。
2015年12月にはついに銀行から緊急融資の申し出を断られてしまいました。
 
この工場の絶体絶命の大ピンチに立ち上がったのは内藤食品広報担当(内藤家長女)。
その状況をTwitterで告白しました。

 
 

この告白により起こった嬉しいできごととは!?
↓ ↓ ↓
次のページへ!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る