HOME

数百万もの蜘蛛が洪水を避けて出来た綿菓子のような木々 人間が得た思わぬ恩恵とは…?

2016/1/29 | 19,492 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

2010年7月22日から9月まで中東の国パキスタンでは断続的豪な雨が続き、インダス川流域全体(国土の20%に当たる16万平方キロメートル)が冠水してしまうという衝撃的な災害が起きたこと、みなさんは覚えているでしょうか?
パキスタン建国史上、最も大きな被害が出たという規模の洪水災害でした。
 
 
▼こちらは洪水時にパキスタンで非常に珍しいものが見られるとニュースにもなった画像です
kumo

出典 dailymail

 
木がそのまま綿菓子になったかのような衝撃的な様子ですが、この巨大綿菓子を作り出したのは、洪水を逃れるために樹上に批難した大量のクモたちです。
この綿菓子自体が超巨大なクモの巣!!!
この木にみっちりと恐ろしい数のクモが潜んでいるかと思うとかなり背筋が寒いかんじもしますが、この巨大クモの巣が人々に思わぬ恩恵をもたらしていたのです。
 
<<次のページへ☆>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る