HOME

『ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました』衝撃的なメッセージを突きつけられる広告

2016/2/1 | 28,303 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

この広告、見覚えがある方もいらっしゃるかも知れませんが、何を訴えているか分かりますか?

 
 

『めでたし、めでたし?』

 

113533_1

出典 新聞広告データアーカイブ

 

この作品は、コピーライターの山﨑博司さんと小畑茜さんが製作された物。
1000件以上の応募のある「新聞広告クリエーティブコンテスト」で2013年に最優秀賞を獲った作品です。

 
 

<本人のコメント>
ある人にとってしあわせと感じることでも、別の人からみればそう思えないことがあります。反対の立場に立ってみたら。ちょっと長いスパンで考えてみたら。別の時代だったら。どの視点でその対象を捉えるかによって、しあわせは変わるものだと考えました。そこで、みんなが知っている有名な物語を元に、当たり前に使われる「めでたし、めでたし。」が、異なる視点から見ればそう言えないのでは?ということを表現しました。広告を見た人が一度立ち止まり、自分の中にさまざまな視点を持つことの大切さを考えるきっかけになればと思っています。
「しあわせってなんだろう?」と二人で考えた経験が、次に生かされるよう頑張っていきたいと思います。

出典元 新聞広告データアーカイブ

 
 

未だに反響がある

 

 

 

 

 

 
 

メッセージ性が強く、未だ多くの人の心に残っている作品です。
日本人ならば誰もが知っている桃太郎の鬼、勧善懲悪な物語の裏には、実はこんな話があったのかもしれない。そんな想像を掻き立てる広告ですね。
現実にも当て嵌めるべきなのかもしれません。

 

この新聞広告コンテストですが、毎年心に届く素晴らしい作品が出品・入賞されているようです。

 

次ページでご紹介致します。


次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る