1232
2016/2/5 | 101,359 PV |

泣ける・感動

出典:YouTube
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

廃墟の地下でひとり死の淵をさまよっていた犬。治療と愛情で回復した姿に感涙…

インドで起きた、野良犬とアニマルレスキューとの感動の出来事を紹介します。

 
 

アニマルレスキューの存在をご存知ですか??

 

アニマルレスキューとは、シェルターを持たない愛護団体の事をいいます。シェルターや保健所などと連動しており、殺処分ゼロを目指しています。また、野良犬の保護や里親募集などの活動も行っています。
 
ある日アニマルレスキューの元に「野良犬がいる・・・」と連絡がありました。現場に駆けつけてみると、廃墟の地下で一匹の野良犬が丸まっていました。その姿は、痩せこけていて悲惨さを醸し出しています。

 
 

▼発見された時の写真です
1654

 
 

▼病気にかかり、エサを探す体力すら残っておらず・・・ただ死を待っているかのような状況でした。
1655

 
 

▼保護をされペリーと名づけられました
1656

 

数日間をかけて栄養と薬を点滴で受け、そして愛情をたくさん受けました。このあとペリーが見違える姿になります。
 
 

そのペリーの姿とは??
↓ ↓ ↓
次のページへ!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post225657_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

228450_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る