生命
2014/10/2 | 3,732 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

小さな生命「愛してるよ、カズ」

2才で小児がんを発症し、3年半の闘病生活を終え7才で亡くなった光武上総くん(カズ)。上総くんの闘病生活、亡くなる瞬間、新たな命の誕生までを記録したドキュメンタリー番組です。彼を支えてきた家族の壮絶な悲しみ、わが子を亡くした悲しみの中新しい命を産んだお母さんの強さに涙が止まりません。

余命2ヶ月

出典 YouTube

「余命2ヶ月」と宣告され、両親は思い当たる限りの場所に行き上総くんとの思い出を作りました。余命宣告されて8か月が経ち徐々に弱ってくる上総くんの体を心配して両親は少し早めのクリスマスプレゼントを渡しました。プレゼントを喜ぶ上総くんを見ながら「25日まで頑張って生きててほしい」っと願います。

 

愛してるよ、カズ

出典 YouTube

人工呼吸器をつけることが決まり、家族は上総くんと最後のお話しをします。お母さんが上総くんに最後に伝えたかった言葉、上総くんは意識がもうろうとする中お母さんの言葉に答えます。「12月9日」上総くんは両親の腕の中で家族に囲まれながら、生前大好きだったりょうちゃん(お母さん)の髪の毛を握りしめ息を引き取りました。
 

そして・・・新しい命の誕生

出典 YouTube

上総くんの葬儀が終わった夜、陣痛が始まります。お母さんは亡くなった悲しみを抱えながら「花香ちゃん」を出産しました。上総くんが楽しみにしていた赤ちゃんの誕生、お母さんは「会わせてあげたかった。帰ってきて」っと願います。一周忌を迎える頃、両親は上総くんが生きた証を本にして残しました。

苦しい闘病生活の中でも笑顔を絶やさず生き抜いた上総くんの強さ、この動画を通して命の大切さを学んで、少しでも自分で命を絶つ人が減ってくれたらと願います。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
post126445_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

post230171_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る