HOME

【悲願の快挙!】小澤征爾さんグラミー賞「最優秀オペラ・レコーディング賞」受賞!(コメント全文)

2016/2/16 | 2,294 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

グラミー賞とは作品を創り上げたクリエイターの業績を讃える賞です。
世界で最も権威のある音楽賞といっても過言ではありません。
 
日本を代表する指揮者である小澤征爾さんが、なんと名誉あるそのグラミー賞を受賞しました!
指揮したラベル作曲の歌劇「こどもと魔法」を収めたアルバムが最優秀オペラ録音賞となりました。
 
実は小澤さん、グラミー賞にノミネートされた経験は8回ありました。
その中で受賞は今回が初ということです。

 
 

o1

 

アルバムは2013年に行われた公演をライヴ収録したもので、小澤さんによるラベル作品のオペラは初録音だそうです。
 
2013年に行われた公演の1年半ほど前から公演活動を休止していました。
病気の療養に集中していたそうです。
この1年半ぶりの公演を録音したものが見事グラミー賞に選ばれたのです。
 
その時の集中力は凄まじいものだったのではないでしょうか。
このグラミー賞に関して小澤さん自身もある公式サイトでコメントを残しています。

 
 

グラミー賞を受賞した小沢征爾さんのコメントの内容とは!?
↓ ↓ ↓
次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る