「保育士さんたちの給料と地位が、本当にあがってほしい。」働くママが綴る切実な言葉

2016/2/18 | 8,663 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

2月17日のNHKの情報番組「あさイチ)で保育園の問題が特集されました。特集名は「「大丈夫?保育の質」です。

 

番組内では、待機児童解消のために保育園増設は急がれている傾向にあり、急速に保育士の数は増えていますが、施設の増加に保育士の「質」が追いついていないのではないかという問題提起がされました。

 
 

 
 

番組内では「保育園で着替えをさせない」「おむつの数が減っていない」「お漬物とケチャップライスだけの献立」など、主に認可外保育園で起きたケースについて取り上げられ、問題とされていました。中には園児に対して虐待を行っているなどの衝撃的すぎる事例も取り上げられていました。

 
 

 
 

多くの保育園では非常に熱心に保育に取り組み、日常の細かいケアまで徹底している保育士さんが殆どです。保育士のみなさんは、毎日笑顔で子どもたちに接してくださっています。

 

しかし、現場で働く保育士さんの労働環境や条件は決して整っているものではないのが現状です。

 

↓↓↓こちらは、保育士と全職種の賃金等の比較です↓↓↓

○平均賃金・・・約21万円(全職種の平均は30万円)
○平均勤続年数・・・7.6年(全職種の平均は12.1年)
○離職者・・・3.2万人/年(就職は年に4.6万人)

 

決して他業種に比べて恵まれてるとは言えない内容ですよね。

 

実際に、現場で働く保育士さんたちは

 

・低年齢の園児を何人も自分ひとりで保育しなければならず、細かいケアはしきれないのが現状
・有給も取れず、持ち帰りの仕事やサービス残業は多い
・低賃金すぎる
・保育士として稼ぎが少なすぎて、自分の家庭や子どもをもつことができない

 

この他にも、様々な不満や不安を抱えながら仕事をしている保育士さんは多くいらっしゃいます。

 
 

保育園も保育士も増やしたいのに増えない理由

実際に保育園建設に最適な場所に土地が無いという話は、私も区役所の保育課の方に聞きました。「保育園の建設予算はあるんですけど・・・」という返答も。

 

国の試算では、今後50万人の子ども達を保育園で受け入れるために9万人の保育士が必要だということです。

 

低賃金・重労働すぎて「(保育士として)働きたくても、働けない」という問題が解決されない限り、実現できない数字だと思いますが・・・。

 

その建設予算、使えないなら保育士さんの賃金に当てるとか、認証保育所への補助金増額費用に充てたらいいんじゃない?と、ふと思いましたが、行政の予算編成というのは簡単に変更できないようです。

 
 

様々な内容で物議をかもしている「保育園問題」ですが、この番組を見ていたツイッターユーザーが「子どもを持つママとして」の意見をツイートし、同じく子どもを持つパパママを中心に大きな反響があったので次のページでご紹介したいと思います!

 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
105384_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

169496eye-3

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る