HOME

「歌えなくて全然いい。あの笑顔に会いたいな」小室哲哉が病気療養中の妻・KEIKOへの思いを綴る

2016/2/19 | 25,444 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

昨年、結成20周年を迎えたglobe

#globe20th -SPECIAL COVER BEST-(2CD)

 

20thプロダクトアルバムには、多くの有名アーティストが参加し超豪華な内容に往年のglobeファンにも大変嬉しい内容!!
「小室世代」のアラサー・アラフォーにとってはたまらない作品でした♡
 
記念すべき20周年ですが、2011年10月にくも膜下出血で倒れたボーカルのKEIKOさんは現在も病気療養中です。
自宅で突然首の後ろの痛みを訴え倒れたKEIKOさん。緊急搬送の後、5時間にも及ぶ手術は無事成功!
早期発見で処置も迅速に行われたことが幸いし、約1ヶ月後には無事に退院することができました。
当時は「歌手として早い時期に復帰ではと報できるのでは?」と報じられていましたが、後に記憶障害などの後遺症が出たため、復帰時期は未定となりました。

 
 

▼発病から半年ほど経った頃のKEIKOさん自身のツイート

 

PCで文字を打つのも一苦労。
一時は音楽を聴くことも嫌になり、自分自身が歌手だったことすら忘れてしまっていたようです。
後遺症の高次脳機能障害によって一時的な記憶障害もあったとのことですから、KEIKOさん自身も不安の大きい生活を過ごされていたことでしょう。
 
日々、リハビリと療養に励むKEIKOさんを支えるのはビジネスパートナーであり夫の小室哲哉さん。
小室さんのSNSには療養中のKEIKOさんの様子を伝える内容のものが多く投稿され、多くのファンが小室さんの投稿を楽しみにしています。
 
小室さんの投稿するKEIKOさんに関する投稿は愛に溢れるものが多く、優しくおおらかにリハビリと療養に寄り添っている小室さんの姿を感じられます♡
 
次のページでは「支えあえる夫婦っていいなぁ」と思える、小室夫妻の様子を小室さん本人のツイートを中心にご紹介したいと思います。

 
 

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る