HOME

親に捨てられ病気を抱え、8ヶ月間さまよい続けた2歳の男の子

2016/2/25 | 36,603 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ナイジェリアで、「魔女」だと両親から捨てられた、2歳の男の子が今話題になっています。
 
なんと、彼は8ヶ月の間、残飯をあさり何とか生き延びていたのです。
彼は「魔女狩り」の対象となってしまいました。

 
 

▼思わず目をそらしてしまいます…。

 
 

「魔女狩り」の背景

 

14世紀頃から17世紀末にかけてのヨーロッパ全土で、「魔女狩り」が行われていました。
この「魔女狩り」は、キリスト教会によるものでした。
これは、魔女と疑われた時点で逮捕・処刑されるというものでした。

 

何の確証もないまま処刑を執行する「魔女狩り」は、昔の話ではなかったのです。
こうして、現在も行われているのが現実です。
この「魔女狩り」というのは、女性だけが対象ではありませんでした。
中には、男性や子供も含まれていたのです。

 
 

 

「この子の中に潜む魔女のせいでこんな不幸な目に遭ったのだ」と、根拠もなく子供がターゲットとなるのです。
子供といえども、ターゲットにされればもちろん処刑の対象なのです。
そんな「魔女狩り」に遭った男の子を救ったのは、一体誰だったのでしょうか?

 
 

彼の運命は!?続きはこちら
↓ ↓ ↓
次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る