【顔がまるで化石】心を閉ざし警戒心の強い犬を支え、愛情を注ぎ続けた女性

2016/3/4 | 26,466 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

自分自身が傷ついている時、人とのコミュニケーションをどうしても避けてしまう。
そんな経験はないでしょうか。
 
傷つくことを恐れ、警戒心が強くなっている状態なのです。
その心の状態は、人だけに当てはまるものではありません。

 

友好的で優しい動物である犬にも、同様のことが起きてしまいました。

 
 

瀕死状態の野良犬

bb

出典 thedodo

 

ガリガリにやせ細り、鋭い目でこちらを見る野良犬。
この野良犬はメスの犬で、人間に接したことがないようでした。
警戒心から近寄れば、逃げてしまうという救出が困難な状況でした。

 
 

bbb

出典 thedodo

 

なんとか救出された野良犬は『ギリシャストレイ』という、動物愛護団体に保護されました。

アテネに住んでいるボランティアのValia Orfanidouさんと、動物愛護団体ギリシャストレイがこの瀕死の犬の治療に取り組みました。

 

この野良犬は、ペトラという名前を付けられました。
治療に取り組んでいるValiaさんは、
「ペトラは今まで人間と触れ合ったことがなく、ずっと彷徨っていたのだと思います」
と、言います。
 
自分の居場所を見つけられず、彷徨っていたペトラ。

 

全身を清潔にするためにシャンプーを施したり、ペトラの治療を続けました。

 

a

 
 

他の犬や人間が近づいた時、恐怖のあまり唸り声を出したり、容易にペトラに近づくことはできませんでした。
ペトラの警戒心はまだ取れていない様子でした。

 

それでもあきらめることなく、愛情をもってペトラを支え続けました。
Valiaさんの愛情は傷ついたペトラの心に届くのでしょうか。

 
 

ペトラの心境の変化!?続きはこちら
↓ ↓ ↓
次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
50255_3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

256324_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る