【主人の命を取り留めた救出劇!】火事にいち早く気づいた愛犬がとった行動とは…

2016/3/4 | 6,644 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

動物は、人間より危険を察知する能力に長けているのかもしれません。
「危険を察知する力に人の命が救われる」
そんなこともあるのです。

 

これは、ある飼い主と犬の物語です。

 

その飼い主は、サンディエゴに住み、名はグリー・スミスさんといいます。
グリー・スミスさんは、捨てられた動物を助けたいという思いから、4歳になるスパニエルミックスのカールを預かりました。

 
 

 

ある日の夜中、カールの様子は落ち着きがなく、おかしな行動をとりだしたのです。
カールは吠えたり、顔を舐めたりしてスミスさんを起こしました。
その時のカールの様子は、普段では想像もつかないものだったといいます。

 

カールに起こされたスミスさんは、明りをつけてみることにしました。
その時、カールが必死に吠え続ける原因が分かったのです。

 
 

カールが吠え続けた原因とは!?続きはこちら
↓ ↓ ↓
次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
23926_3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

255182_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る