売れ残った片目の子犬を子供たちが、どうしても飼いたがった「ある理由」に感動

2016/12/3 | 37,110 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ペットショップの犬や猫はケガをしたり、病気になったりすると売れないと判断され、販売されません。
販売していたとしても、なかなかその動物を選ぶ人はいません。
 
あるペットショップでは、片目しかない子犬が販売されていました。
この子犬の名前は「シャイナー」。

 

片目のシャイナーは、誰にも迎え入れてもらえませんでした。

 

@shiner_soloが投稿した写真

 
 

そんな時、ある子供たちがこの子犬を見て「飼いたい!!」と申し出たのです。
しかも、他の犬ではなく片目を失っている子犬を飼いたいと言っているのです。

 

@shiner_soloが投稿した写真

 
 

なぜ子供たちは、片目を失っている子犬を飼いたいと言ったのでしょうか?
それは、子供たちの思いやりを感じるには十分すぎる理由でした。

 
 

その理由とは!?続きはこちら
↓ ↓ ↓
次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
105384_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

1232

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る