HOME

日本も見習うべき!?賞味期限切れの食品専門のスーパーがデンマークにオープン

2016/3/9 | 3,119 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

廃棄される運命にある消費しきれなかった食品たち。

 

こうした賞味期限切れの食品を専門に販売するスーパーが、デンマークにオープンしたとのこと。
実に画期的ですね!

 
 

廃棄される食品は驚くほど多い

 

世界中で廃棄される食品の量は実に深刻で、中でも日本は特に消費期限に厳しいので、廃棄される食品の量は世界一だといわれています。

 

参考記事はこちら

フランスが法律で食料品の廃棄を禁止!先行く日本もこのままでは『もったいない文化』を語れない

 
 

125612

出典 photoAC

 

前述した@Heaaartの記事でも触れていますが、日本は消費される食材の半分以上を海外から輸入しているにも関わらず、廃棄する食品が世界一というのはさすがに考えなければならないと思います。

 
 

季節行事の裏には廃棄される大量の食品が……

 

スーパーをはじめとする、食品を扱う多くのお店では、『こどもの日には柏餅、ひな祭りにはひなあられやちらし寿司』といった季節行事ごとのメニューが販売されます。
 
実はこれらの商品が破棄される量も驚くほどに多いのです。

 
 

 

 

『破棄される恵方巻き』についての記事はこちら

コンビニで大量処分された恵方巻きから見た実態。今一度、食品廃棄について考える

 
 

無駄になっている食品は調理済みのものだけではない

 

国内で無駄に廃棄されてしまう食べ物は、コンビニやレストランなどの調理された食品だけではありません。

 
 

▼摘みとったイチゴではありません、捨てられたイチゴです!

 

筆者は毎年いちご狩りを楽しみに出掛けておりますが、こんなに無駄に捨てられているイチゴを見たことはなかったので、本当に驚きました。

 

詳細はこちら

「とても悲しいです」苺狩り農家の嘆き!ヘタのゴミ箱の中身に愕然・・・

 

日本の『もったいない文化』は一体どこに行ってしまったのでしょう。

 
 

日本では、まだまだこうした食べ物を無駄にしない文化についての意識が低いのが現状ですが、デンマークに『賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー』がオープンしたのだそうです。

その実態については次のページでご覧いただけます!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る