HOME

満員電車の中で足から血が出ていた盲導犬。彼らを守ってあげてほしい。

2016/3/3 | 100,480 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

目の不自由な方を先導し、障害物などを知らせ、危険から身を守ってくれる盲導犬。
非常に賢く、絶対に吠えません。電車やバスなどでも見かけますが、静かすぎて気付かれないこともチラホラ…。

 

そんな盲導犬を見かけた人たちからは、彼らの賢さに感動する声が続々と上がってきています。

 
 

 
 

 
 

稀にこういうこともありますが…(笑)

これは可愛いオチ。むしろ座っててごめんね。って気持ちになりそうです。

 
 

そんな賢く、公共の場ではとても静かな盲導犬ですが、それが故のトラブルもあるようなのです。

 
 

満員電車の中にいた盲導犬が足から血を流していた

 
 

なんと満員電車に乗っていた盲導犬の足から血がにじんでいたとのこと。気づかれずに踏まれてしまったようなのです。

 

実は、この盲導犬の異変には飼い主さんも気付いていた様子。
発見したツイート主さん同様、気付いていても満員電車で身動きがとれなかったようです。

 
 

 
 

なんとか盲導犬を庇うようにして守ってあげることしかできず…。

 

足を踏まれ、激痛が走っても声をあげず、じっと耐える盲導犬。
飼い主さんも、ツイート主さんも助けたくても身動きができない状況。
その後どうなったのか、次のページに続きます。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る