HOME

胎内の我が子を見られない盲目の妊婦。担当産科医から贈られたサプライズプレゼントに感動

2016/3/18 | 7,424 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ブラジルに暮らす妊婦のタティアナさんは、産まれて来る赤ちゃんを心待ちにしています。

 

定期検診で担当の産科医が3D映像を撮ってくれるのですが、タティアナさんはそれを見ることができません。
なぜなら彼女は17歳の時に視力を失ってしまい、現在盲目なのです。

 
 

想像の中で体内の息子と対面していたタティアナさん

 

盲目のタティアナさんに「赤ちゃんはどんな姿をしていると思う?」と尋ねる担当医。

 
 

127198_1

出典 boredpanda

 

想像の中でしか体内の赤ちゃんと会えないタティアナさんは、
「そうね、私のように小さなじゃがいものような鼻で、小さな手はグーのように握っているわ」
と、答えます。

 

赤ちゃんの様子をその目で確認することができないタティアナさんに、担当医は何かしてあげたいと思い立ちました。
 

担当医が
「もし赤ちゃんに触れることができるとしたら、何をしたい?」
と尋ねると、タティアナさんは
「匂いを嗅ぎたい」と答えました。

 
 

タティアナさんへのサプライズとは一体……!?

 

担当医はタティアナさんに、「息子を感じてごらん」とある物を渡しました。

それは白い布に包まれた板のようなもの……これは一体何???

 
 

127198_3

出典 boredpanda

 
 

タティアナに担当医が渡した物は一体何なのでしょう!?

担当医のサプライズプレゼント、続きはこちらからご覧いただけます!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る