『偏見に負けず就職を目指す娘』生まれつき金色の髪の子が、企業から受けた出来事に考えさせられる

2016/3/11 | 14,097 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

時折、話題となる朝日新聞の投書欄。

3月8日に発行された、新聞の投書欄に掲載された文章が話題となっております。

 

投稿者は、「先天性白皮症」の娘を持つ父親です。

 

「先天性白皮症」とは、“アルビノ”のことです。
 

アルビノとは

 

アルビノについては下記リンク先をご参照ください。

 

アルビノとは/wikipedia

 

古来より、特異的な見た目のアルビノの人々は時に神聖な存在とみなされることもありましたが、多くはおぞましい迫害を受けてきた過去があります。
 
現在でもアフリカの一部地域では、アルビノを狙った殺人事件が多発しているという悲しい現実もあるのです。

 
 

娘の参加した『合同会社説明会』でのできごと

arb1

 
 

『偏見に負けず就職を目指す娘』

 
 

来春卒業する大学生の会社説明会が解禁され、娘も初めての就職活動を本格的に始めた。

 

娘は先天性白皮症で、生まれつき色素が不足しているため、金髪の毛髪で肌が白い。
幼少期より周りの偏見の目と何げない言葉の暴力にずっと耐えてきた。

 

昨今、多文化強制や異文化理解が叫ばれてはいるが、悲しいかなの本は「他者と違うこと」を受け入れる土壌が育っていない。
娘は、髪の毛の色からくる問題に、常に向き合ってこなければならなかった。

 

合同会社説明会で採用担当者たちから何度も「地毛のことはわかったが入社後は染めてもらう」と多くの学生の前で声高に言われた。
妻に「悔しい、でも絶対に負けない!」と泣きながら電話してきた。

 

個性の受け入れられない度量の小さな企業はグローバル企業でもない。
マイノリティーが肩身の狭い思いをする必要は全くないはずだ。
個性を尊重し、受け入れてくれる企業と巡り合えることを切に願いつつ、娘の短くも長い戦いが始まった。

出典 Twitter

 
 

今まで見た目の違いで苦労してきた娘が、今度は就職活動でも苦労している。

 

日本人のアルビノの方の画像

128383_1

出典 YouTube

 

父として娘の苦労を目の当たりにしてきた父親だからこそ、未だ多く見られる日本の画一的傾向のある社会体制を嘆き、憤りを感じているという内容の投書でした。

 
 

【この投書に対して、様々な意見が飛び交っています】

 

 

 

この他にも、見た目の違いに寛容ではない会社や社会そのものに疑問を感じるという意見が多く寄せられています。

 
 

中には、こんな意見も・・・

 
 

合同説明会での新卒採用に携わり、投稿者の娘さんに「髪を染めるように」と言ったのも、会社の営業方針や事業内容が大きく関わっており、担当個人の意思で発言されたものとは思いたくないですが・・・

 
 

みなさんは、この投書内容についてどんな意見を持ちますか???

 
 

“新聞”に関する記事まとめ

鉄腕ダッシュの台本はたったの4行!TOKIOとスタッフが現場の知恵で生み出す伝説がすごい!
おじいちゃんの『方眼ノート』孫のツイートでヒット商品に 大手文具メーカーと提携し、新聞掲載へ
「ご両親に感謝の気持ちを伝えて下さい」成人式に出席出来なかった女の子からメッセージが泣ける。
あなたはどう思う?新幹線の座席の座り方で物議を醸しだすご老人が話題に

 
 

出典 YouTube

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

253219

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る