HOME

【タールまみれで発見された犬】動物保護団体の懸命な作業で元気を取り戻す!

2016/3/17 | 22,530 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

迅速な救助により、1匹の犬が元気を取り戻しました。
これはインドであった出来事なのですが、生後3ヶ月の子犬がタールまみれで発見されたというのです。

 
 

q

 

どうやら、道路工事の際に使用されたタールに足を取られ、そのまま倒れしまいこんでいたそうです。
全く身動きが取れないタールまみれの子犬。
ある少年がその子犬を見つけ、タールから救い出しました。

 

そして、インドの保護団体『Animal Aid Unlimited』に助けを求めました。
『Animal Aid Unlimited』は野良犬を救うために、日々活動を続けています。
インドは野良犬の数も多い国だといいます。

 

このタールまみれの犬も野良犬の1匹なのです。
このままだと衰弱してしまうと考えたスタッフは、タールを落とし始めます。

 
 

タールを落とし始めるスタッフ

 

2 (4)

 

もちろん、生後3ヶ月の子犬に対して、薬剤は使えません。
シャンプーで洗い流すしかないのです。

 
 

1 (4)

 

複数人で協力しながら、慎重に作業を続けます。
 
子犬に水を与えると、相当喉が渇いていたのでしょう、夢中で飲み始めます。

 
 

3 (5) (1)

 

なんとか、子犬の体からタールを落としきったスタッフ。
これで、子犬は元気を取り戻したのでしょうか?

 
 

タールまみれの犬、翌日の様子はこちら!
↓ ↓ ↓
次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る