20年間、墓地で暮らし人々の心に寄り添った猫が天国へ 彼を讃えた追悼式に感動

2016/3/18 | 4,781 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

たとえ飼い猫ではなくても、地域の人に愛される猫が存在します。
彼らも飼い猫と同様、人々から「家族」として扱われています。

 

イギリスでは、20年以上にもわたって愛された猫がこの世を去り、人々は悲しみに暮れています。

 
 

墓地に暮らす猫

 

St. Sampson’s Parish Church cemeteryに住み着いていた、バーニーという名前の猫。
 
彼はもともと、墓地の近くの家で飼われていた猫だと考えられています。

 
 

PAY-Pet-Cemetary

出典 Mirror Online

 

一家が引っ越したあとも、バーニーはこの墓地で生活していました。
それから20年間、墓地で働く人たちや、近所の方から面倒を見てもらっていたそうです。

 
 

PAY-Pet-Cemetary (2)

出典 Mirror Online

 

クリスマスにはプレゼントも送られていたほど。

 
 

PAY-Pet-Cemetary (1)

出典 Mirror Online

 

バーニーは、墓地で生活するだけではなく、ある大切な役目を果たしていました。
それはきっと、バーニーだからできること。

 
 

墓地で生活するバーニー。その大切な役目はこちらに続きます
↓ ↓ ↓
次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
50255_3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

256324_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る