HOME

『もしも突然、町の誰もが手話を使えるようになったら?』聴覚障がいを持つ男性の目に涙の理由とは

2016/3/25 | 17,912 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ある日街に出ると、世界が変わっていた…
そんな映画やマンガのような展開が、突然自分の前に現れたらどうでしょう?

 

今回ご紹介するのは、そんな不思議な体験をしたある男性の心温まるお話です。

 
 

誰もが手話で話せる街

 

ある日、一人の聴覚障がいの男性が、家族に誘われて家を出ました。
 
すると、突然通りすがりの男性から手話で「おはよう」と声をかけられます。

 

f2

 
 

知らない人から手話で挨拶されたのが初めてだったため、彼は戸惑いました。

 

その後二人はパン屋さんに立ち寄りました。
すると、そこでもパン屋さんが手話で話しかけてきます。

 

f3

 

彼はどこか満足そうに笑ってパン屋を後にします。

 
 

今度は果物を落としている男性がいました。
二人が果物を拾ってあげると、その男性はりんごを差し出し、手話で「ありがとう」とお礼を言いました。

 

f4

 

彼は、家族の女性に「君の知り合い?」、「あの人も聴覚障害持っているのかな?」と尋ねます。

 

しかし彼は徐々にこの状況に疑いを持ち始めた様子。
そして「たまたま」やってきたタクシーに乗り込むと、そこでもドライバーが手話を。

 

f5

 

とうとう彼は浮かない表情に。
そしてタクシーが向かった先で…

 
 

「手話の話せる街」その正体とは!?続きはこちら
↓ ↓ ↓
次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る