「若い人が汗水たらして働いているのに」1ヶ月33万円分もの薬をすてた高齢者にあるユーザーが苦言

2016/4/2 | 33,850 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

日本における『国民健康保険』とは、すべての国民をなんらかの医療保険に加入させ、保険料を出しあって助けあうという考えで運営されている制度です。
少ない自己負担で医療を受けられる、恵まれた制度ですよね。

 

ですが、高齢化にともない日本の医療費は毎年1兆円を超えるペースで増加をしており、制度に限界が見えてきたともいわれています。

 
 

そんな中、Twitter上に投稿されたあるツイートが議論をよんでいます。

 
 

 
 

高齢の方が33万円分の薬をトイレに流した。
そこには若者が必死で働いて支払っている保険料も含まれる。
簡単に捨てないでほしい。

このような内容ですね。

 
 

ジオトリフとは、抗癌剤の一種です。
抗癌剤の使用時には本人、家族に薬についての説明がしっかりと行われますが、なんらかの理由があって捨ててしまったようですね。
自分のお金で買ったのだから…という意見の方もいるかもしれませんが、高齢者の医療費負担は1~3割です。

 
 

あなたはどう思われますか?
次ページでは、ネット上のさまざまな意見をご紹介します。

次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
182954_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る