『世の中は想像以上に優しかった…』ママが外出先で体験した出来事に、周りの人の温かみを感じる。

2016/4/5 | 16,822 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

子育ては常に不安と隣り合わせ。
「この子をちゃんと育てられるだろうか?」「私は良いママだろうか」という不安や、
「この子が泣いたら、迷惑だって思われるかも」「なんだか、いつも周りに謝っている気がする」というような、周囲から私(子ども)がどう思われているのか、ということが気になって仕方が無いというママたちも少なくないようです。

 
 

育児用品の開発・販売をしている老舗メーカー「ピジョン」が、ママが“お出かけ”で気づく周囲のやさしさと、それに対する感謝の気持ちを子育て中のママたちの3つの実体験を元に映像化しました。

 
 

《case 1》3人の子どもを連れて、電車に乗ったとき

 

3人の子どもを持つママの、電車に乗ったときの出来事です

 

お兄ちゃんが妹の手を引き、ママはベビーカー。どの子も幼く、じっとしていられません。
これから電車に乗ることが憂鬱・・・ママからはそんな気持ちは伝わってきます。

 

大きなベビーカーを、上の子どもたちを気遣いながら電車に乗せるのは一苦労。

 

mama2

 

他の乗客の乗降の妨げにならぬよう、『早く乗らなければ』と、気持ちばかりが焦ります。

 
 

《case 2》突然の雨に降られ・・・

 

赤ちゃんを抱いての外出中、突然の雨に降られたママ。傘は持っていませんでした。

 

自分1人なら走って帰ることもできますが、赤ちゃんを抱いたままでは、そうはいきません。

 

mama4

 

たまたま通りがかった、軒先のある飲食店での雨宿り。
雨に濡れてしまった我が子を拭いながら『この雨は、いつ止むんだろう』と、不安な気持ちのまま、何とか今をやり過ごそうという気持ちが伝わってきます。

 
 

《case 3》大きなお腹を抱えて、スーパーで買い物をしていたら

 

大きなお腹を抱えての買い物も、一苦労。

 

mama5

 

狭い通路では、補充用ワゴンにぶつかり、他の買い物客にもぶつかり・・・
『すみません』と、何度も頭を下げながら、肩身の狭い思いで買い物を続けます。

 

なんとかレジまでたどり着いても、重たい買い物カゴをレジカウンターに移す時に落としてしまいます。

 
 

今まで当たり前のように感じていたことや出来ていたことが難しくなってしまったり、多くの人に迷惑をかけてしまっているんじゃないか?
という不安で、ママたちは『自分でなんとかしなければ』という思いを抱えてしまっていることが多いです。

 

そして、なかなか『助けてください』って、言えない。

 

そんな頑張るママたちのこと、周囲の人々はどう思っているのでしょう??

 
 

ママたちを笑顔にした、3つの嬉しい体験の内容は次のページの動画でご覧ください

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

239900_eye

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る