ある家族によって違法で購入され、無責任な理由で捨てられた子ライオン。いつも毛布を手放せない理由とは…

2016/3/31 | 17,210 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

「動物をまるで物のように扱う」心無い人たちのせいで、傷ついている動物はたくさんいるかと思います。
中には、悲しい形で最期を遂げる動物もいるでしょう。

 
 

アフリカライオンの「ランバート」

 

アメリカ・テキサス州でも無責任な飼い主によって、傷ついたライオンがいます。
このアフリカライオンである「ランバート」は、実は違法で購入されたといいます。

 

ONE YEAR AGO TODAY……..THIS little angel came to In-Sync. His arrival healed hearts, garnered him manymanymany new…

In-Sync Exotics Wildlife Rescue and Educational Centerさんの投稿 2015年6月14日

 
 

不安な状態が続くランバート..

 

「ライオン・キング」を見た子供たちに「シンバが欲しい」とせがまれたために、違法な購入に至ったといいます。
もちろん、素人にライオンを育てることはできません。どうしようもなくなった飼い主は、生後3か月にして施設に相談します。
野生動物保護団体であるヴィッキーさんが、ランバートを引き受けることとなりました。
しかし、ランバートは人とともに暮らしていたせいで、野生には帰れない状態でした。

 

Lambert: "I am KING of the waterfall!"(photo by Dave Burton)

In-Sync Exotics Wildlife Rescue and Educational Centerさんの投稿 2015年2月13日

 
 

保護施設に到着しても、落ち着きがなく、不安な表情を浮かべます。
眠ることすら、ままならない状態だったと言います。
その様子を見かねた飼育員さんは、ランバートに毛布を1枚与えます。すると、不安そうだったランバートに変化が表れます。

 
 

毛布を与えられたランバートの変化とは!?続きはこちら
↓ ↓ ↓
次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
182954_ic

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

255955

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る