重度の皮膚炎により殺処分されそうになった犬が回復するまで。(動画あり)

2016/4/4 | 18,284 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

殺処分から救われた1匹の犬をご紹介します。
その犬は一目見てわかるほど、ひどい皮膚炎を患っていました。
その皮膚炎が原因で、殺処分される予定だったのです…。

 
 

皮膚炎を患う1匹の犬

 

1 (11)

 
 

体に寄生虫が集まり、炎症により体毛は殆ど抜け落ちている状態だったのです。
重度の皮膚炎のせいでしょうか、目も完全に開けられず、虚ろにも見えます…

 
 

この犬を救った『ベット・ランチ(Vet Ranch)』

 
 

そんな犬を救ったのは、動物保護団体『ベット・ランチ(Vet Ranch)』でした。
殺処分を免れたこの犬は、「クリスティー」と名付けられました。
保護された後、体を洗ってもらうと、安心感からか眠りにつきました。

 
 

2 (11)

 
 

そして、その日からクリスティーの皮膚の治療が始まりました。
治療が始まってから2ヶ月が経過した頃には、クリスティーはすっかり完治したのです!

 
 

クリスティー奇跡の回復!
続きはこちら
↓ ↓ ↓
次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
gazou

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

gazou

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る