HOME

「ほんとは辞めたくないんです」寿退社する女性が、最後の挨拶で涙ながらに発した言葉に考えさせられる

2016/4/8 | 13,705 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

社会人として女性がキャリアを積んでいく中で、多くの人に訪れる転機の一つが結婚です。

 

job1

出典 photo AC

 

最近では、『寿退社』という言葉もあまり耳にはしなくなり、結婚が女性の退職理由の主である時代は終わったかのように感じます。
 
私の友人も、多くが結婚後も同じ職場で働くことを選択するか、いずれ出産することを加味し、自宅から程近いエリアの企業や、産休・育休の取得率の高い企業に転職したりという選択をしており、すぐに家庭に入るという道を選ぶケースは少なかったです。

 
しかし、『寿退社』という幸せな響きに憧れる女子も多いことも事実で、結婚後は家庭に入り、子育てに励みたいという思いを持つ方も少なくありません。
 

とあるツイッターユーザーの職場で、『寿退社』をすることになった女性社員がいたそうですが、その女性社員の退職の挨拶の内容が物議をよんでいます。

 
 

▼退職の挨拶時に見せた女性の涙と本音

 

『本当は辞めたくない』と本音を漏らすばかりか、『女性のキャリアと家庭の両立ができる職場になってください』という非常に重く考えさせられる挨拶の内容です。

 

この女性が、自分の意思を曲げてまで寿退社することになったのかという詳細な理由は分かりませんが、その挨拶の内容から察するに『結婚後、家庭との両立ができない(であろう)職場だった』のかもしれません。

 
 

▼このツイートには様々な意見が寄せられたそうです。

 

「女性が働くべきではない」という意見については、実際に働きながら主婦業と育児をしている立場としてはプンプン!ですが、いつもこういう女性の働き方や家庭との両立に関する問題提起が起こるたびに、
「(結婚や出産など)複数の選択肢から1つしか選ぶことはできないのかな?」
「“どちらもやりたい”は、欲張りって思われてしまうのかな?」
という疑問がふつふつと湧いてきしまいます・・・。

 
 

▼当該の女性社員が人前で涙を見せたこと自体が衝撃的だった模様

 

泣きながら、「最後だから・・・」と、本音を会社のあり方に物申し、会社を去った女性社員。
幸せである(というイメージの)寿退社の様子としては異様な雰囲気だったことと察します・・・。

 
 

▼当該女性の結婚は「職場結婚」だったそうです

 
 

<<次のページへ続く>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る