HOME

【動画】大怪我をし、衰弱しきった犬を保護。もうダメかもしれない・・・しかし奇跡が起こった!

2017/2/2 | 42,774 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

インドの動物保護団体「アニマル・エイド」は日頃から多くの動物達を保護し、助け、里親探しをしています。

保護される動物の中には怪我をしていたり、繁殖してしまい彷徨っている動物、飼い主に捨てられた動物など様々です。

 
 
ある日、「犬が怪我をしている」と連絡を受けたアニマルエイドのスタッフが急いで現場へ向かうと、その雌犬は「助けて」と訴えるように、残された僅かな体力で尻尾を大きく振っていたのです。

 
その雌犬はお腹が引き裂かれた状態で、内臓が露出した状態で茂みに倒れこんでいました。
(傷口はモザイクをかけています)
137255_1

 
こんなに大怪我を負っているのに、怖がることも、威嚇することもなく、優しい眼差しでスタッフが来たことを喜んでいるかのように尻尾を振り続けるのです。

 
 
どうしてこんな大怪我を負ってしまったのかは分かりません。もしかしたら事故かもしれないし、誰かにされたのかもしれない。
自力で動く体力は残っていませんでした。横たわって、何日も助けを待っていたのです。
「生きたい。死にたくない。」その思いを諦めずに待ち続けたのでしょう・・・。

 
 
スタッフは犬に負担がかからないよう、優しく抱き上げ搬送し、治療を始めました。
137255_2

 
 
ぱっくり引き裂かれ内臓が露出した傷口が痛々しく、慎重に治療が進められました。
137255_4

 
 
手術は成功。これで一安心です。
137255_5

 
 
術後の経過も良く、順調に回復していきました。
137255_6

 
 
縫合した傷口が治ると元気を取り戻し、スタッフが近寄るとお腹を出して喜ぶようになったのです(^^)
保護した時と同じように、引きちぎれんばかりに尻尾を振って。
137255_8

 
 
そして、「Lola」という名前を付けてもらいました。素敵な名前をつけてもらえてよかったね♪
137255_9

 
 
保護団体の方々の活動には、本当に頭が下がる思いで感謝で一杯です。ありがとうございます。
世の中には沢山の身寄りのない動物たちがいます。殺処分や虐待など、問題は山積みです。
しかしこういった団体の方々がいるおかげで、1匹でも多くのかけがえのない命が助かることも事実。
そして、悲しい道すじを辿る動物たちが減っていくことを願っています。

 
 

アニマルエイドでは動物達の治療費など、募金を募っています。

Animal Aid UNLIMITED

 
 

Facebookでも保護された動物達のことなど更新されています

Face bookページ

 
 
 
※映像内にはモザイクがかかっていません。怪我の状態が見えるシーンが含まれますので、閲覧にはご注意ください。

出典 YouTube

 
 
保護団体による動物達の命の奇跡

ガン性腫瘍により命の危機にさらされた野良犬を助けたい・・・保護団体がみせる救出劇に感動する
重度の皮膚炎により殺処分されそうになった犬が回復するまで。(動画あり)
命を粗末にする娯楽イベントのせいで鼻とあごを失ってしまった犬が新たな人生を送れるようになるまで
【タールまみれで発見された犬】動物保護団体の懸命な作業で元気を取り戻す!
闘犬の犠牲となり虐待されてきた犬におきた奇跡…!人間の愛を受け入れ心を開き始める姿に感動
深い穴から抜け出せなくなってしまった犬。顔を損失しながらも生きることを諦めなかった復活の物語。
廃墟の地下でひとり死の淵をさまよっていた犬。治療と愛情で回復した姿に感涙…

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る