HOME

海底神社に住みつくコブダイの『頼子』さん、25年以上の仲のおじいさんとのイチャイチャっぷりにほっこり

2016/4/8 | 10,939 PV |

可愛い・癒し

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

千葉県館山市にある州崎(そのさき)神社、寒い冬を越え現在、桜が咲いています。
春を象徴する桜の花びらと、神社の神々しさが合わさり、なんとも美しい…。

 

 
そんな千葉県館山市にある州崎神社、実は海底に分社が存在するというのです。
波左間海中(はさまかいちゅう)公園の水深17メートルの海底、そこに州崎神社の分社はありました。
ダイバーたちがその海底神社を参拝する様子は、テレビでも放送されていました。

 

海の安全を祈願して建てられた海底神社..。

 
 

その海底神社を守るのは…

 

これは一体何をしているのでしょうか。
波左間海中公園のスタッフ荒川寛幸さんが、どうやら海底神社の大鳥居で、鐘を鳴らしているようです。

1

 
 

そこにやってきたのはコブダイの『頼子』、荒川さんとは25年以上の付き合いだそうです。
2

 
 

荒川さん…おもむろにマスクを外します。何をするというのでしょうか..。
3

 
 

この後、荒川さんと頼子の何ともほっこりするスキンシップが見られます。

 

25年以上の付き合いになると、魚にも感情があるということがはっきりわかります(笑­)

 

といったコメントもありました。
そんな荒川さんが見せる「長い付き合いだからこそのスキンシップ」とは..。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る