HOME

『怒る』と『叱る』の違いきちんと理解してる?その後の子供の行動に大きく関わる躾の方法とは

2016/4/22 | 8,565 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

子供のちょっとしたいたずらや悪さに対して、自分の感情のままに怒ってしまい、反省する……
そんな経験があるお母さんは多いと思います。

 

『怒る』と『叱る』の違いについては、これまで育児の話題の中でもたびたび取り上げられていますが、この違いをきちんと理解してしつけに活かすことで、子供のその後の行動が大きく変わってくるといわれています。

 
 

壁に落書きをして遊んでいた子供に……

 

ある動画で、子供を怒ったときと叱ったときの違いについて解説しています。

 

子供が壁に落書きをして遊んでいたところに出くわした父親。
もちろん、この壁は落書きをしていい壁ではありません。

 

139390_1

出典 YouTube

 
 

感情のままに怒ってしまうと……

 

動画ではまず、父親が怒りの気持ちを前面に出して子供を怒鳴りつけました。

 

139390_4

 
 

子供はビックリするやら悲しいやら、複雑な表情で泣き出します。

 

139390_2

 
 

怒られてしまった子供がその後とる行動

 

ただやみくもに怒られてしまった子供は、自分が何かされたときも、感情のままに相手を怒鳴りつけるようになってしまいます。

 

139390_3

 
 

では、『叱る』とはどういう行為なのでしょうか?
そして、正しく”叱る”ことで、子供にどのような変化が表れるのでしょうか。
続きはこちらからご覧ください!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る