【今は3時間置きに授乳しない?!】世代間の子育てのギャップを埋める『さいたま市祖父母手帳』が便利!

2016/4/22 | 29,555 PV |

キレイ・便利

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

“祖父母手帳”ってなに?

 

 
 

さいたま市が、小さい孫を持つ祖父母向けに配布開始した“祖父母手帳”は、いわば“母子手帳”のおじいちゃん・おばあちゃん向けというもの。

 
 

Mさん(@myu.07)が投稿した写真

 
 

ただ、“母子手帳”と大きく違う点は、母子手帳が乳児の発育や予防接種などの発育管理や記録のためのものとするならば、祖父母手帳は『孫や孫の親世代(子供夫婦)との関わりについてや、どういう風にコミュニケーションをとったら良いのか』というところに重点を置いて書かれているというところです。

 
 

“祖父母手帳”が世代間の子育てギャップを埋める!

 

「祖父母世代・親世代が孫(子)の育児の方法についてで揉める」というのは珍しい話ではありません。
ほんの些細な認識の違いが大きな家族間トラブルに発展してしまうケースも少なくはないようです。

 
 

 
 

 
 

“育児の方法の認識の違い”というのは、「昔の育児・今の育児」という言い方で表現される場合が多いですよね。

 

当たり前のことですが、育児についての知識や情報は非常に短期間で変わっていくため、育児グッズ一つとっても「10年違えば全然違う!」というのが育児業界では常識となっているようです。

 
 

 
 

“祖父母手帳”の『知っておこう!子育ての新常識』という項目に書かれている内容を次のページでご紹介したいと思います!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

239459_IC

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る