“平成の零戦”がついに!三菱重工による国産初のステルス機『X-2』が初飛行に成功!

2016/4/25 | 6,482 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

平成の零戦とも呼ばれる『X-2』、その正体は国産初のステルス機でした。

 

4月22日午前に、ステルス機『X-2』の“先進技術実証機”の初飛行を実施したといいます。
30分ほどの飛行時間で上昇や下降、旋回による機体の安定性などを確認したそうです。

 

 
 

ステルスとは、レーダーなどのセンサー類から探知されにくくする軍事技術のことを指します。
レーダーが使われ始めた第二次世界大戦の頃から、研究が始まったといいます。

 
 

空に舞うステルス機『X-2』をご覧ください

 

飛び立っている姿が美しいですね。

 

CgoPC7vUYAAz_nV

 

CgoPC7mUcAQPZyF

 

CgoPC7xU0AAd41a

 
 

『X-2』は2009年から試作が始まり、今年2月までに9回の地上滑走試験などを終えていたそうです。国産初のステルス機『X-2』は、ステルスの性能の他にも、高度な技術が取り入れられているといいます。

 

そんな『X-2』を製造したのはある企業でした。

 

その企業とは一体!?

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
tamago-pack (1)

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

255955

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る