『あいつら射殺しろよ』ビートたけしが熊本地震による被災地の空き巣に激怒

2016/4/26 | 14,311 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

震災や巨大災害の後、必ずと言っていいほど登場するのが『火事場泥棒』です。
被災の混乱に便乗して、家主の不在を狙い空き巣に入るというもの。

 

温かい話や多くの善意の行動の裏で、そんな不届き者が横行する悲しい現実があるのです。

 
 

善意の人々を装い、被災地で集団窃盗

出典 YouTube

 

熊本地震の被災地では、空き巣の被害が発生しています。避難し空き家となった住宅や、店舗からの窃盗による被害が4月24日までに18件報告されています。

 

被災地空き巣や事務所荒らしの手口は、自衛隊員を装うかのような「迷彩服スタイル」で集団で窃盗に及ぶ、ボランティアを装うなど善意の行動をしている方々に紛れ込む形で行われるものも多く、衝動的な行動というより、入念に準備をした上での集団窃盗である場合が多いそうです。
本当に許せない!!!

 
 

そんな火事場泥棒に関する報道などに怒っているのは実際に被災した方々だけでなく、芸人・映画監督のビートたけし氏も自身の冠番組『ビートたけしのTVタックル』の中で、怒りのコメントを公表しています。

 
 

 
 

「あいつら射殺しろよ」

 

「こういうときにそういう犯罪をするのは、特別に罰しないと」

「いつも対策本部を作ったりするけど、最初から何とか省とかいう名前をつけて消防庁とかの傘下において、命令系統を作っておいた方がいい」

 
 

かなり過激なコメントですが、その発言に賛同する人々が多いのです。

 
 

<<次のページへ続く>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
3

動物専用
Facebookページはこちら


可愛い動物たちの最新記事をお届けします!

239521_ic

@Heaaartを
Twitterでフォロー


Twitter専用の最新記事をお届けします!

こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る