HOME

【割り込んでいる訳じゃない】ディズニーリゾートで障がい者が優先して列に入る待遇について知ってほしい

2016/5/10 | 24,129 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

ディズニーランドやディズニーシーなど、東京ディズニーリゾート内のアトラクションは、混雑時には2時間待ちになるほど長蛇の列ができることもあります。
 
そんな中、どのアトラクションも、待ち時間も楽しめるような様々な配慮がされています。
 
それは、心身に障がいを持っていたり、妊娠中・高齢などの理由で長時間立ったまま列に並ぶことが困難な来場者のために、ディズニーランドではゲストアシスタントカードというものが用意されているのです。

 
 

▼こちらが『ゲストアシスタントカード』

映美さん(@emisango1223)が投稿した写真

 
 

ずっとその場にいることが困難な方でも、全ての来場者が楽しめるようにと東京ディズニーリゾートのホスピタリティの一環として導入されているのですが、このカードの存在を知らない人の方が多いようです。
 
もしかしたらみなさんも、ディズニーランドのアトラクションの列でキャストに誘導されて体に障がいのある方が列の途中に入るという場面に遭遇したことがあるかもしれませんね。
 
しかし、障がいというのは見た目には分からないものも沢山あり、その光景を一見しただけでは、『なぜ、あの人は優遇されてるの?』『並ばないなんてズルイ!』という気持ちになる人もしばしばいるようです。

 

でも、ゲストアシスタントカード利用者は、きちんと決まりを守って別の形でアトラクションの列に並んでいるということ、最近話題になったツイッターの投稿を次のページでご紹介します。

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る