HOME

【知っておくべき!】悪い業者もはびこっている『無届老人ホーム』が社会的な大問題に!

2016/5/11 | 3,722 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

現在、日本全国で確認されている『無届老人ホーム』は1000か所程あると言われています。

 

『無届有料老人ホーム』とは、入居者に対して食事・介護・健康管理のサービスを提供しているのにも関わらず、自治体に届け出をしていない施設のことを言います。

 

「まだ若いし自分には関係ない」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、この現状は少子化と同じく日本全体に不安をもたらしている問題です。
ぜひ関心だけでも持って頂ければと思います。

 
 

無届老人ホームはなぜ問題?

どうして無届老人ホームが問題になっているのでしょう。
簡単に言うと『行政が見ていないため、介護の質、環境、防災設備が整っていない施設がある』からなのだそうです。

 
 

146742_1

出典 photo AC

 
 

たとえば、2009年には群馬県で10名の高齢者が亡くなる火災、2015年には93歳の入居者に対し3名の職員が暴行を加える事件が起きました。
無届だから起きたとは言いきれないかもしれませんが、前者は防災設備はおろかまともな介護ができる環境が整っていませんでした。
後者もとても介護ができるとは思えないレベルの職員を雇っており、明らかに劣悪な介護施設と言えます。

 
 

また、事件にはならずとも、適切な介護ができない上に感染症が蔓延し月に20人以上が亡くなる施設もありました。
届け出のある施設ならばすぐに保健所からの指導があり感染を食い止められますが、無届であるがゆえにこのような状況になってもスルーされてしまうのです。

 
 

ではどうして規制を厳しくしない?

次のページ

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る