HOME

飼い主に捨てられゴミ箱の中で子犬を育てていた母犬 警戒心を露わにする切ない理由と2匹のその後…

2016/5/10 | 37,875 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

飼い主の勝手な事情により、捨てられてしまった動物たち。
誰にも気づかれないまま、最期を迎えていることもあるでしょう・・。

 

そんな動物たちが1匹でもいなくなるようにと、保護団体は日々働いています。

 

今回は保護団体「Hope for Paws」の活動の様子をご紹介します。

 

ハガーさん夫妻が運営するこの団体は、過去8年間に何百もの動物を助けたといいます。
そんな彼らが新たに保護をした2匹の犬がいました。

 
 

ゴミ箱の中で育った2匹の犬・・

 

ゴミ箱にいた2匹の犬は、どうやら親子だったようです。
母犬は飼い主に捨てられた後に、妊娠しゴミ箱の中で子犬を育てたといいます。

 

救出しようとハガー夫妻が保護しようと近づくと、警戒心をあらわにします・・。

 

1 (29)

 
 

この母犬が強い警戒心を見せるのには、ある理由がありました。

 

実はこの母犬、残された子犬以外にも、子犬を産んでいたそう。
しかし、その子犬たちを近所の子どもたちに取られてしまったのだそうです。

 

2 (26)

 
 

残されたわが子を守るために母犬は、そういった悲しい理由から警戒心をむき出しにしたようです。

 

ハガー夫妻はゆっくりと母犬に近寄り、優しく話かけつづけます。
その効果もあってか、体を撫でることに成功します。

 

さて母犬は、ハガー夫妻に心を許すのでしょうか。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る