HOME

全身を油性マジックで塗りつぶされていた2匹のちいさな子猫。信じられない出来事に怒りを隠せない…

2016/5/12 | 118,492 PV |

考えさせられる

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

動物は人間のおもちゃではありません。
こんな当たり前のことが、分かっていない方がいるのも現状です。

 

自分の欲を満たしたいために、動物を乱暴に扱う事件は後を絶ちません。

 

動物は人の言葉を話すことができません。
しかし、動物をモノと見ている人はそれを逆手にとって、「言葉を話せないから、自分の思い通りになる」と、そんな劣悪な考え方を持っているのではないでしょうか。

 

言葉はなくとも、命あるものに変わりはありません。
自分の好きなように扱うなどとは言語道断・・。

 

そんな動物をぞんざいに扱う悲しい事件が、また起きたようです。

 
 

保護された2匹の猫・・

 

まずは、これらの画像をご覧ください。

 

Katie Catさんの投稿 2016年4月29日

 
 

可愛い子猫たちですが、どこか悲しげな表情をしていますね・・。

 

Katie Catさんの投稿 2016年4月29日

 
 

緑色の子猫。何か病気でも患っているのでしょうか・・。

 

Katie Catさんの投稿 2016年4月29日

 
 

紫色と緑色の身体をした子猫たち。
 
一体どうしたというのでしょうか・・。
実は、心ない人によって、油性のマーカーで色を塗られたのです。
 
保護したシェルターのスタッフが、この2匹の体を洗います。
果たして、油性マーカーの色が落ちることはあるのでしょうか。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る