HOME

戦争へ赴く前日に撮影した仲間との写真 50年後、思い立った男性がとった行動とは…

2016/5/13 | 11,021 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

それぞれの国の思惑がうごめき、どうしようもなくなった時、戦争は起こります。
当たり前ですが、戦争は“望まない死”を多く引き起こします。

 

どれだけ少なく見積もっても、100万人以上の死者を出したと言われるベトナム戦争・・。
そんなベトナム戦争に赴いた“あるアメリカ兵”の話が話題になっています。

 

5820208149_fe6a268738_z (1)

出典 Flickr

 
 

そのアメリカ兵とは、ベトナム戦争に赴くために、駐留先のサンディエゴで派遣されるのを待っていた海軍のボブ・ヴェニージアさんです。

 
 

戦争へ行く前に撮った1枚の写真

 

この話は50年前の1966年の出来事です。
ボブさんは日々、戦地に出動するために海軍の厳しい訓練を受けていました。

 

そんな日々を耐えれたのも、仲間のお陰だといいます。
彼には、ボブ・ファルクさん、デニス・プエロさん、トム・ハンクスさんという仲間がいたのです。

 

仲間と訓練の日々を過ごしていましたが、その時はやってきたようです。
「戦地へ赴くように」との通告が彼らの元に届きました。

 

戦地へ行く前日に、彼らは「写真を撮ろう」と言いました。
“全員が無事で帰ってくる保証などどこにもない”という彼らの思いが、掻き立てたのではないでしょうか。

 

サンディエゴのビーチをバックに、戦場に行くことなど嘘かのように、楽しそうに撮っています。

 

その時の写真がこちら。

 

lRA5cF1g

出典 Imgur

 
 

そして、この写真を撮ってから50年の月日が流れます・・。

 

仕事も定年を迎えたボブさんは、昔のことをよく懐かしむようになっていました。
そんなボブさんは、昔のアルバムから、この時の写真を発見しました。

 

「この時の仲間は今頃、何をしているのだろう」とボブさんは考えます。
実は50年もの間、仲間たちと1度も会っていないのです。

 

「会いたい」と思ったボブさんは、彼らに連絡を取ってみます・・。
そして、奇跡は起こりました。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る