HOME

サッカー親善試合で対戦相手のガーナが掲げた“熊本へのメッセージ”に感動

2016/5/12 | 33,017 PV |

泣ける・感動

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

2016年5月11日に、佐賀県のベストアメニティスタジアムで、U-23日本代表とガーナ代表の試合が行われました。

 
ガーナは西アフリカに位置し、サッカーも盛んな国の一つ。 
持って生まれた身体能力が強さの秘訣でもあります。

 
ガーナ代表は年齢制限はなく、国内で活躍している若手中心にメンバーが組まれたといいます。
アメニティスタジアムがある鳥栖(とす)駅でも、国旗を飾り歓迎ムードです。

 

 
 

日本代表の手倉森監督では、初のアフリカ勢との対戦となります。
指揮官は「ガーナの身体能力に驚かされたい。私たちが積み上げてきたものが、世界でどれだけ通用するか試したい」そう言います。
 
さあ、いよいよキックオフの時間です。

 
 

開始11分、日本が先制します

 

MFの矢島選手が開始早々ゴールを決めます。
勢いに乗った矢島選手は、その4分後にも再びゴールネットを揺らします。
 
さらに、前半30分FWの富樫選手が放ったシュートで、日本代表は3点目を得ます。

 

CiLwHPAUYAg7VSj

出典 Twitter

 
 

そのまま、日本代表は付け入る隙を与えず、3-0で勝利します。
U-23日本代表は今後、18~29日のトゥーロン国際大会(フランス)に参加し、パラグアイやポルトガルなどと対戦する予定です。
 
日本の選手のプレーも素晴らしかったのですが、この試合にはプレー以外にも名場面がありました。
 
その一つがこちら。
日本代表の植田選手に、ガーナの選手が次々と記念撮影をお願いします。

 

 
 

実は、植田選手は大きな震災のあった熊本の出身なのです。
ガーナの選手は、それを気遣い植田選手に記念撮影をお願いしたのかもしれません。
 
この国際親善試合は、熊本の復興を願ったチャリティマッチの側面も持ち合わせています。
ガーナの選手が熊本の震災を気遣っている場面は、他にも見受けられました。

 

その場面には、多くの日本人が感動しました。

 
 

<<続きはこちら>>

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
ページトップに戻る