HOME

借りた本が返却されたのはなんと67年後!突然現れたおばあさんへ、図書館が行った対応に感動…!

2016/5/15 | 21,256 PV |

衝撃・ビックリ

 
@HeaaartをFacebookでフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket

図書館で借りる本の返却期限は、多くの場合2週間前後で設定されていますよね。

 

ここで驚くのが、ニュージーランドの図書館で本を借りたおばあさんが、借りた本の返却に訪れたのはなんと「67年後」だったのです!

 
 

図書館に本の返却に現れたおばあさん

 

ニュージーランドのエプソム図書館に、あるおばあさんが本の返却に現れました。

 

しかしその本の劣化の様子がちょっとありえないほど。
話を聞いてみると、なんとおばあさんが本を借りたのは67年も前だったというのです。

 

148134_4

出典 Twitter

 

こちらのおばあさん、少女時代にエプソム図書館を頻繁に利用されていたそうなのですが、引越しの際に今回の本を返却しないまま引越し先に持って行ってしまったのだそう。

 
 

148134_3

出典 Twitter

 

画像は貸出履歴。
1948年12月17日に貸し出されているので、確かに約67年前のことになりますね。

 
 

148134_2

出典 Twitter

 

本はニュージーランドでもよく知られた、ニュージーランドの神話や歴史について描かれた作品だったそうです。

 
 

返却遅延による延滞金が発生!?

 

ニュージーランドの図書館では、本の返却を忘れてしまうと、その分延滞料金がかかるようです。

 

通常、延滞料金は1日につき1ドルが相場だといわれており、67年分を日で計算すると約2万5千日。
米ドルで換算すると、延滞金はなんと17,500ドル!(約185万円)!!

 
 

おばあさんの本の返却と延滞金について、図書館はどう対応したのでしょうか?
結果は次のページでご覧ください!

この記事が気に入ったらいいね!してくださいね。

最新の面白い記事をお届けします!
  • Facebook
  • Twitter
  • Google +
  • はてブ
  • Pocket
こちらの記事もおすすめ
人気の記事を見てみよう!

Sorry. No data so far.

ページトップに戻る